岐阜市の児玉将治税理士事務所がお伝えするお役立ち情報です。

相続税関係の記事

相続税関係の記事


平成27年1月1日から相続税の基礎控除が大幅に引き下げられたこともあり、今後は相続税の申告対象者の増加が予想されています。そこで、少しでも皆さまのお役に立てればと思い、相続税に関する記事をわかりやすく解説していきます。
記事は随時UPしていきますのでご了承ください。

相続税とは

相続税とは 相続税とは、相続財産に対してかかる税金です。被相続人が亡くなった後、遺産を相続する相続人が国に対して納める税金です。一定額を超える財産を相続した場合、その財産の金額に応じて計算した相続税額を納税します。

≫続きを読む

 

相続税の基礎控除

相続税の基礎控除 我が国の税制では故人から相続人等への財産の移転について相続税の課税対象になります。相続税を計算するうえで最も基本であり最も大切なものである「相続税の基礎控除」について解説します。

≫続きを読む

 

相続税の配偶者控除

配偶者の税額軽減(配偶者控除) 配偶者が亡くなった場合、他の相続人より大きな控除を受けることができます。これを配偶者控除(配偶者の税額軽減)と言います。この控除を受けるためには被相続人が亡くなった日から10カ月以内に相続税の申告を行う必要があります。

≫続きを読む

 

相続の種類(単純承認・限定承認・相続放棄)

相続放棄 相続が発生すると被相続人が残した財産が相続人等に承継されることになりますが、必ず承継しなければならないわけではなく、相続するかしないかを自分で判断することができ、相続の仕方には単純承認、限定承認、相続放棄の3種類あります。

≫続きを読む

 

不動産による相続税対策

不動産による相続税対策 相続税対策を行う上で重要となるのは、相続財産にかかる課税部分を減らす事、つまり、相続財産の評価額を下げることがです。小規模宅地等の特例の適用により最大80%評価額を減額することができますので、ここでは不動産による相続税対策について解説していきます。

≫続きを読む

 

相続税の非課税財産

墓地、墓石は相続税の非課税財産 被相続人が残した相続財産は相続人などに承継されますが、被相続人に帰属していた全ての財産が相続税の課税対象になるわけではありません。一部の財産は税施策上の配慮や国民感情への配慮等の理由から相続税の課税対象から外されています。このような財産を非課税財産といいます。

≫続きを読む

 

相続税の申告及び納付

相続税の申告 相続税の申告及び納税はどちらも相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内となっています。必要な手続きを怠ると税務上のペナルティ(延滞税や加算税など)が課せられることもあるので注意が必要です。

≫続きを読む

 

相続税の計算方法

相続税の計算方法 税目によっては仕組みが単純なものから複雑なものまで幅が広いのですが、中でも相続税という税目はかなり複雑な構造になっています。ここでは相続税の計算の概略について、3段階に分けて解説します。

≫続きを読む

 

相続税の債務控除

相続税の債務控除 相続や遺贈によって故人の財産を取得することになる一定の者で、同時に個人の債務を引き継いだり葬儀費用を負担した場合には、その負担分を相続財産の額から控除して相続税の計算をすることができます。これを債務控除といいます。

≫続きを読む

 

遺産分割協議書

「遺産分割協議書」という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、ご存じない方の為に今回はこの書面について解説します。遺産分割協議書とは、相続人全員により遺産分割協議を行い、その協議により決定した遺産分割案を記した書類です。

≫続きを読む

 

ホーム 業務案内 料金 事務所の特長 事務所概要 Q&A お問い合わせ