相続税の計算方法について岐阜市の児玉将治税理士事務所が説明します。

相続税の計算方法

相続税の計算方法


我が国には非常に多くの税金の種類があり、全てを知っている人はそう多くないと思います。

税目によっては仕組みが単純なものから複雑なものまで幅が広いのですが、中でも相続税という税目はかなり複雑な構造になっています。

なかなか分かりにくい相続税の計算の概略について、3段階に分けて解説します。

目次
  • 第一段階:課税価格の計算
  • 第二段階:相続税の総額計算
  • 第三段階:各相続人の相続税額の計算
  • まとめ

相続税の計算方法

(国税庁資料より)

第一段階:課税価格の計算


第一段階は税金を課する目標となる課税価格を計算する段階です。
この段階ではいくつかの計算上の操作がされます。
一般的に素人の方が考えられている相続財産に、色々と足したり引いたりする操作が必要です。

まず、被相続人が残した本来の相続財産に相続税の計算上加えなければならない生命保険金や死亡退職金などの「みなし相続財産」の額を加えます。

そこから本来は故人の所有財産であっても計算上相続財産に加えないことができる非課税財産を差し引きます。
更にそこから故人の債務や葬式費用などの負担分を控除し、純資産価額を算出します。

そしてこの純資産価額に相続開始前3年以内に贈与された財産の額を加え、各人の課税価格を算出します。

贈与財産を加算するのは、相続税回避の為に相続発生(死亡)を予期して贈与を行い相続財産を減少させる相続対策に対して国側が考えた措置で、課税対象の相続財産の額が増えるため負担増に傾くものです。

こうして課税対象となる課税価格の合計額が算出され、そこから遺産に係る基礎控除額を差し引き、課税遺産総額を算出します。


第二段階:相続税の総額計算


第二段階では課税遺産総額に法定相続人の法定相続分をかけて、法定相続分に対応する取得金額を算出します。

この額に下表の超過累進税率をかけて、各法定相続人の相続税の総額の基礎となる価額を算出し、それらを合算して相続税の総額を算出します。

相続税の超過累進税率

(国税庁資料より)



第三段階:各相続人の相続税額の計算


第三段階で各相続人が実際に負担する相続税額を算出します。

相続税の総額に按分割合をかけてそれぞれの算出税額を導きます。
按分割合というのは課税価格の合計額に占めるそれぞれの相続人が実際に取得した遺産の課税価格です。

こうして導き出した額に対して、一定の者には相続税額の2割加算の操作が行われます。
配偶者と一親等の血族(代襲相続人の孫も含む)以外の者が加算の対象になります。

最後に、各人で利用できる配偶者の税額軽減や未成年者控除などの相続税の税額控除があればこれを利用して減算します。

特に配偶者の方は大きな税額控除枠が用意されているので必ず利用しましょう。


まとめ


今回は相続税の計算の概略について解説してきましたが、やはり他の税目と比べても計算が複雑なのが分かります。

実際の計算は素人の方ではとても難しい作業ですので、税理士などの専門家を活用するのが面倒もなく得策です。


(最終更新年月日:2017年3月5日)

相続税とは

相続税とは 相続税とは、相続財産に対してかかる税金です。被相続人が亡くなった後、遺産を相続する相続人が国に対して納める税金です。一定額を超える財産を相続した場合、その財産の金額に応じて計算した相続税額を納税します。相続財産が相続税の基礎控除額以下であれ...

≫続きを読む

 

相続税の基礎控除

相続税の基礎控除 相続が発生すると被相続人が残した相続財産が相続人等に承継されることになりますが、我が国の税制では故人から相続人等への財産の移転について相続税の課税対象になります。ただ、どんな場合でも相続税の納付が必要になるわけではありません。様々な施策によ...

≫続きを読む

 

相続税の配偶者控除

配偶者の税額軽減(配偶者控除) 配偶者が亡くなった場合、他の相続人より大きな控除を受けることができます。これを配偶者控除(配偶者の税額軽減)と言います。これはどのようなものか、見ていくことにします。目次なぜ配偶者控除があるの?配偶者控除の枠はどれくらい?話し合いがつかない...

≫続きを読む

 

相続の種類(単純承認・限定承認・相続放棄)

相続放棄 相続が発生すると被相続人が残した財産が相続人等に承継されることになりますが、必ず承継しなければならないわけではなく、相続するかしないかを自分で判断することができ、相続の仕方には以下の3つの方法があります。・相続人が亡くなった人のすべての財産...

≫続きを読む

 

不動産による相続税対策

不動産による相続税対策 相続税対策を行う上で重要となるのは、相続財産にかかる課税部分を減らす事、つまり、相続財産の評価額を下げることがです。また、相続財産の評価方法の特性上、現金で相続するよりも不動産で相続した方が相続税が安くなる特徴を持っています。更に一定条件に...

≫続きを読む

 

相続税の非課税財産

墓地、墓石は相続税の非課税財産 被相続人が残した相続財産は相続人などに承継されますが、このときには被相続人からの財産移転があったとものとして相続税の課税対象になります。ただ、被相続人に帰属していた全ての財産が相続税の課税対象になるわけではありません。一部の財産は税施策上の...

≫続きを読む

 

相続税の申告及び納付

相続税の申告 我が国の税制では色々な税目がありますが、相続財産にかけられる相続税は自分で必要な計算をして申告と納付(納税)をしなければなりません。必要な手続きを怠ると税務上のペナルティ(延滞税や加算税など)が課せられることもあるので注意が必要です。今回は...

≫続きを読む

 

相続税の計算方法

相続税の計算方法 我が国には非常に多くの税金の種類があり、全てを知っている人はそう多くないと思います。税目によっては仕組みが単純なものから複雑なものまで幅が広いのですが、中でも相続税という税目はかなり複雑な構造になっています。なかなか分かりにくい相続税の計算...

≫続きを読む

 

相続税の債務控除

相続税の債務控除 相続や遺贈によって故人の財産を取得することになる一定の者で、同時に個人の債務も引き継いだり葬儀費用を負担した場合には、その負担分を相続財産の額から控除して相続税の計算をすることができます。相続財産の額から一定の額を控除して計算することにより...

≫続きを読む

 

遺産分割協議書

「遺産分割協議書」という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、ご存じない方の為に今回はこの書面について解説します。この書面は被相続人が残した遺産について、相続人など関係者がその取り分や分配方法などを話し合い、合意した内容を書面化したも...

≫続きを読む

 

ホーム 業務案内 料金 事務所の特長 事務所概要 Q&A お問い合わせ