岐阜市の児玉将治税理士事務所がお伝えするお役立ち情報です。

相続税とは

相続税とは


相続税とは、相続財産に対してかかる税金です。被相続人が亡くなった後、遺産を相続する相続人が国に対して納める税金です。一定額を超える財産を相続した場合、その財産の金額に応じて計算した相続税額を納税します。相続財産が相続税の基礎控除額以下であれば、申告及び税金を支払う必要はありません。相続税は被相続人が死亡したことを知った日から10ヶ月以内に、申告して納税することになっています。

目次
  • なぜ相続税が課せられるのか?
  • 遺産を相続する権利を有する人(相続人)とは?
  • 相続の割合
  • 相続の選択肢
  • まとめ

なぜ相続税が課せられるのか?


国が相続税を徴収する主な理由には、特定の人に富が集中しないように富の再分配を図るということと、相続財産は不労所得で担税力があるため税金を課すという理由があります。また、特定の人が富を蓄積することができたのは、生存中の所得税の徴収が少なかったということであり、これを相続時に徴収することによって、所得税の補完を行うことができます。


遺産を相続する権利を有する人(相続人)とは?


相続順位

民法では、相続人になることのできる法定相続人およびその順位を定めています。法定相続人の中で、優先順位が上位の人がいると、下位の人は相続することができません。

被相続人の配偶者(夫や妻)は、常に相続人となります。
第一順位は直系卑属で、子又は代襲相続人(子が死亡していれる場合の孫等)が相続人となります。
第二順位は直系尊属で、父母、父母が死亡している場合は祖父母が相続人となります。
第三順位は兄弟姉妹又は代襲相続人である甥や姪(兄弟姉妹が亡くなっている場合)が相続人となります。


相続の割合


相続人が複数いる場合、遺言に従って相続する財産を分けますが、遺言がない場合、法定相続分を基準として話し合いを行います。法定相続分は民法に定められている相続を受ける割合のことです。

相続人 法定相続分
第1順位 配偶者 2分の1
2分の1(子の人数で按分)
第2順位 配偶者 3分の2
父母 3分の1(父母の人数で按分)
第3順位 配偶者 4分の3
兄弟姉妹 4分の1(兄弟姉妹の人数で按分)

相続人が配偶者のみの場合、法定相続分は遺産のすべてとなります。
相続人が配偶者と子の場合、配偶者1/2、子1/2となります。
配偶者と直系尊属の場合、配偶者2/3、直系尊属1/3となります。
配偶者と兄弟姉妹の場合、配偶者3/4、兄弟姉妹1/4となります。


相続の選択肢


相続財産には、不動産や預貯金などの他に、借入金や未納の税金などの財産も含まれています。そのため、相続では単純承認、限定承認、相続放棄という3つの選択肢が与えられており、各相続人がそれぞれ選択できます。
ただし、相続人となったことを知った日から3ヶ月以内に選択の手続きを行う必要があります。
何も手続きをしなければ自動的に『単純承認』を選択したことになります。

単純承認とは、全ての財産を引き継ぐものです。
限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を引き継ぐというものです。
相続放棄とは、全ての財産を引き継がないというものです。


まとめ


相続税とは何かについて、なぜ相続税が課せられるのか?、法定相続人、相続の割合、相続の選択肢にわけて説明してきました。相続税は、遺産を相続する相続人が支払うのもので、富の再分配を行うという社会的な理由があります。また、民法で法定相続人と相続分が定められており、相続には選択肢も与えられています。相続税について詳しく知ることで、争族にならないようにしたいですね。

(最終更新年月日:2017年2月27日)


相続税とは

相続税とは 相続税とは、相続財産に対してかかる税金です。被相続人が亡くなった後、遺産を相続する相続人が国に対して納める税金です。一定額を超える財産を相続した場合、その財産の金額に応じて計算した相続税額を納税します。相続財産が相続税の基礎控除額以下であれ...

≫続きを読む

 

相続税の基礎控除

相続税の基礎控除 相続が発生すると被相続人が残した相続財産が相続人等に承継されることになりますが、我が国の税制では故人から相続人等への財産の移転について相続税の課税対象になります。ただ、どんな場合でも相続税の納付が必要になるわけではありません。様々な施策によ...

≫続きを読む

 

相続税の配偶者控除

配偶者の税額軽減(配偶者控除) 配偶者が亡くなった場合、他の相続人より大きな控除を受けることができます。これを配偶者控除(配偶者の税額軽減)と言います。これはどのようなものか、見ていくことにします。目次なぜ配偶者控除があるの?配偶者控除の枠はどれくらい?話し合いがつかない...

≫続きを読む

 

相続の種類(単純承認・限定承認・相続放棄)

相続放棄 相続が発生すると被相続人が残した財産が相続人等に承継されることになりますが、必ず承継しなければならないわけではなく、相続するかしないかを自分で判断することができ、相続の仕方には以下の3つの方法があります。・相続人が亡くなった人のすべての財産...

≫続きを読む

 

不動産による相続税対策

不動産による相続税対策 相続税対策を行う上で重要となるのは、相続財産にかかる課税部分を減らす事、つまり、相続財産の評価額を下げることがです。また、相続財産の評価方法の特性上、現金で相続するよりも不動産で相続した方が相続税が安くなる特徴を持っています。更に一定条件に...

≫続きを読む

 

相続税の非課税財産

墓地、墓石は相続税の非課税財産 被相続人が残した相続財産は相続人などに承継されますが、このときには被相続人からの財産移転があったとものとして相続税の課税対象になります。ただ、被相続人に帰属していた全ての財産が相続税の課税対象になるわけではありません。一部の財産は税施策上の...

≫続きを読む

 

相続税の申告及び納付

相続税の申告 我が国の税制では色々な税目がありますが、相続財産にかけられる相続税は自分で必要な計算をして申告と納付(納税)をしなければなりません。必要な手続きを怠ると税務上のペナルティ(延滞税や加算税など)が課せられることもあるので注意が必要です。今回は...

≫続きを読む

 

相続税の計算方法

相続税の計算方法 我が国には非常に多くの税金の種類があり、全てを知っている人はそう多くないと思います。税目によっては仕組みが単純なものから複雑なものまで幅が広いのですが、中でも相続税という税目はかなり複雑な構造になっています。なかなか分かりにくい相続税の計算...

≫続きを読む

 

相続税の債務控除

相続税の債務控除 相続や遺贈によって故人の財産を取得することになる一定の者で、同時に個人の債務も引き継いだり葬儀費用を負担した場合には、その負担分を相続財産の額から控除して相続税の計算をすることができます。相続財産の額から一定の額を控除して計算することにより...

≫続きを読む

 

遺産分割協議書

「遺産分割協議書」という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、ご存じない方の為に今回はこの書面について解説します。この書面は被相続人が残した遺産について、相続人など関係者がその取り分や分配方法などを話し合い、合意した内容を書面化したも...

≫続きを読む

 

ホーム 業務案内 料金 事務所の特長 事務所概要 Q&A お問い合わせ