岐阜市の児玉将治税理士事務所がお伝えする贈与税関連のお役立ち情報です。

贈与税関係の記事

贈与税関係の記事

 

贈与税関係の記事を随時UPしていきます

贈与税とは

贈与税とは 贈与税とは、個人から財産を受け取ったときにかかる税金のことです。財産を贈与した者ではなく、受け取った者に納税義務があります。1月1日から12月31日までに財産を受け取った人は、翌年の2月1日から3月15日までに申告をして、納税をする必要があります。

≫続きを読む

 

贈与税の申告

贈与税の申告 財産の贈与を受けた人は、贈与を受けた財産について贈与税の申告をする必要があります。贈与税の申告には期限が設定されており、期限を過ぎると罰則が科せられる可能性もあります。申告する必要がある場合、期限に遅れないように申告するようにしましょう。

≫続きを読む

 

贈与税の税率と時効

贈与税の税額を求めるためには、まず、課税価格を計算する必要があります。課税価格は、1月1日から12月31日までの1年間の間に贈与を受けた財産の合計により決定されます。暦年課税の場合、課税価格より基礎控除額である110万円を引き、残りの金額に税率を乗じることで、税額を計算することができます。

≫続きを読む

 

贈与税の配偶者控除

贈与税には、基礎控除の他に、配偶者控除というものがあります。配偶者控除とは、夫から妻、妻から夫と夫婦間の居住用不動産の購入またはその資金を贈与したときは、2000万円まで控除ができるという制度です。

≫続きを読む

 

教育資金の贈与

平成25年度の税制改正により、教育のための資金贈与に対して、非課税措置が設けられるようになりました。本来、扶養義務関係における教育資金などの贈与に対しては、贈与税の対象とはなりません。しかし、この制度を利用することで事前に多額の贈与を非課税で行うことができますので、利用を考えても良いかもしれません。

≫続きを読む

 

結婚・子育て資金の贈与

平成27年度の税制改正により、結婚・子育て資金の贈与税の非課税措置という制度が創設されました。結婚・子育てといったお金のかかるライフイベントに資金援助する機会は多いと考えられますが、贈与税の優遇措置については期間限定です。利用するのであれば、早めに検討を始めるようにしましょう。

≫続きを読む

 

住宅取得資金の贈与

贈与税では、両親や祖父母など直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合、一定の額まで贈与税が非課税になる制度があります。住宅取得等資金の贈与は非課税枠が大きく、暦年贈与などと併用できるため相続税対策としてもかなり効果的です。

≫続きを読む

 

生前贈与の活用法

生前贈与とは、生きているうちに、財産を贈与することです。その目的の多くは、財産を多く持っていて相続を控えている人が、相続税対策や遺産分割対策を目的として親族間の贈与として行われます。

≫続きを読む

 

ホーム 業務案内 料金 事務所の特長 事務所概要 Q&A お問い合わせ